読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたしはティッシュ

あたしが全部片付けてあげる

ばかみたいだね

ばかみたいだね

 

 

 

 

 学生の頃みた赤ちゃんの動画

雨に濡れながらピザ屋の帰り道

朝6時の新宿線

裸で寝るの あったかい

指輪まで重くなくていいから

なんか欲しいな 頑張れるやつ

二人だけの幸せでいようね

ずっと私は女の子

って思ってたけど

どいつもこいつも馬鹿だった

君の息は 怪しかった

 

 

働いても働いても

どこにいったかわかんないもの沢山

君は普通のパパでいてよね

って今更言えるの

あの頃のあたしは人殺し

きみはいつまでも人殺し

ジンクスに敵わなかった

あたしたちはどこまでも

 

 

ばかみたい ばかみたい

ばかみたいだったね

まっくろなの全部わからないふりして

泣いたら慰めてくれる

そんなきみはずるい人

ばかみたい ばかみたい

ばかみたいだったから

隠れてタバコ吸ってたの知ってるよ

一瞬だけでもキスが長くなったの

嬉しかったの

ばかみたいなの もう飽きた

 

 

 

消えちゃったもの

追い越してたら

街中に運命は沢山あった

誰でも優しくしてくれる

誰にでも優しく出来た

この街に さようなら

 

 

 

ばかみたい ばかみたい

ばかみたいだよね

安っぽい女から救ってあげたのに

あんだけ泣きついてきたのに

もう女神はいないのよ

ばかみたい ばかみたい

ばかなんだよきみ

あんだけあたしの中にきても

夢はもうないよ

ここにはいないんだよ

 

ばかみたいなの もうやめよ

 

 

 

丸めたスウェット

取り上げられたピンク色

歌も全部やめた

だってほんとは 君のこと書いてたから

幸せも不幸も破って捨てるよ

携帯なんてもういらない

 

叶わなかった 最後に一つだけ

写真の中は

ほんとだったよね

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

愛してたけど、さようなら。

最後に優しく出来たらよかった。

 

 

ごめんね。